ヒャクジツコウ舎とは


さるすべりは唐の時代、長安の宮廷にて

次々と花を咲かせ、それは百日にも渡って続いたので

「百日紅」と呼ばれるようになったと云われています。

その長安の宮廷が「紫微宮」であったため

「紫薇(ズウェイ)」

と漢名で呼ばれ親しまれています。


百日紅の花言葉は「雄弁」「愛嬌」

百日紅は枝をこすると葉や枝先の華やぐ花群がゆれて

女性が楽しそうに盛んに話しているところに似ている

からだそうです。


花言葉は手に取った本を幸せそうに抱く女性を、

また大正、昭和初期の男性の力強さ、誠実さ、憎らし

さを表現したいとの思いから

カタカナで「ヒャクジツコウ舎」としました。


「また会いたい」「また行きたい」

目の前の人の顔を綻ばせるような、魅力溢れる

人となり、心を喜ばせる心を大切に、

本に携わっていくことを使命といたします。





ヒャクジツコウ舎 城所金弥